2016年夏ハワイの出来事「タイムシェア見学会」

スポンサーリンク






タイムシェア見学会に行ってきた


タイムシェア見学会なるものがあり
有名なところでディズ〇ーやヒル〇ンが街角やショッピングセンターで
案内を行っている。粗品を配っているので受け取っている方も多いだろうと思う。

各タイムシェアにより内容が異なると思うので

今回は私の行ってきたところをご紹介します。


ウインダ〇


こんな方におすすめ

  • 毎年ハワイに行く方
  • そこそこお金に余裕がある方
  • ホテルよりコンドミニアムが好きな方

先に紹介したところのほかにウインダ〇というところがあり

日本では馴染みのない会社ですが

しかし世界最大と言っており

業界では有名で世界中に展開しているようです(同社説明会にて)


タイムシェア見学会に行くきっかけ


私は基本的に勧誘の類は信用していないので

通常こういった見学会には参加しません。

なのになぜ行ってきたかというと

当日、珍しく台風が来ており雨模様

そんな折に、パシフィックビーチホテルのツアーデスクっぽいところに

日系人の方が座っており気軽に声をかけてきます。

”お暇ありますか?”的な誘いをしてきます。

日本人と見ると声をかけてくるはずなので

ホテルに泊まられた方は1度は声をかけられているのでは?

内容はというと

大体100$1万円分ぐらいの買い物券(AMEXのプリカみたいなもの)が

説明会を聞くだけでもらえますよ

実はツアーデスクではなくタイムシェアの勧誘

ホテルとは関係がないということですが

ホテルの人と勘違いしてしまいますよね

ちょっと立ち止まって話してしまうと

”お昼御飯も出て、ちょっと遊びがてら行くだけでお得ですよ!と

誘ってきます。たしかにその通り。間違いはありません。

興味を示すと空き時間の確認を行って

”何時であれば説明会出れますがいかがですか?”

100$という甘い言葉と予定がなくなったのも相まって

嫁が行ってみる?どうする?とちょっと乗り気

ということで行くことに。

行くことを伝えると案内の方から

ホテルまでタクシーが迎えに来るので乗り場で待つように指示を受ける。

欲深い私たち家族はラッキーじゃん的なノリで行ってきました。


実際に説明会に参加してみると


ついてみると某ホテル内に大きく事務所を構え

大勢の人が説明を受けている

ドリンク無料、お菓子ももらえ子供たちも満足

タイムシェアの説明会開始

まずはハワイの良さと担当の方の日本からの移住話を聞かされる

すごいね~いいね~的な感じで話が進む

この辺りでは契約の話は一切出ない。

このタイムシェアについての説明と

契約者達の幸せエピソードを説明される。

なるほどホテルの1部屋を複数の人で権利を所有するというものらしい。

1口馬主制度みたいなものですかね。

2か所ほどコンドミニアムを見に回る

家具、家電は据え付けで用意するものもなく

別荘にくる感じに使えるということ

今後ハワイの物価も上がりホテル代もどんどん上がるから

ホテルを借りるより権利を持っていたほうがお得ですよと

ご説明。

コンドミニアムに宿泊したことがない方は

今後の為によく見ておくといいでしょう。

なかなか見れないですからね!

確かに良いところだけ聞けば嘘はなさそう。

嫁も浮足立っていいじゃんいいじゃんと

どうせまた来るんだからってノリノリ

どうする?どうする?と言ってくる

ハワイの雰囲気がそうさせるのか

ついつい金額の話まで到達


お金の話


そこそこ”頑張れば契約するんじゃねぇ?”

的な雰囲気が出ているわが家族に対して

やっとお金の話。

100万単位の契約で月々いくらぐらいですよ

でも毎年行くんだったら全然お得ですよと畳みかけてくる

渋っていると今日契約していただけるんであれば

特別価格で提供いたします。

明日にはこの金額は出せませんとさらなる畳みかけ

なかには貯金もなく仕事はやめたばかりの新婚さんも

契約して満足にこんな感想をいただいてますよ

と追加のエピソードトーク。

流石に金も仕事も無い人を勧誘しているところには閉口してしまう。

それでも渋っているとこの金額を1年間キープできます。

バケーションレンタルの契約をしておくと

来年の宿泊x日分がxxの金額で予約していただければ

大丈夫ですと。

その時に判断していただいても、今日の金額をキープしておくので。

と最後のアピール。

嫁が来年も来るんだったらこの金額でもいいんじゃない?

ということで、バケーションレンタルというやつを契約

なんかあっても20万ぐらいだし・・・・

と金券とタクシー代をもらいそのままお出かけ。

夜ホテルに戻ってから同社のことを検索。

また、来年ハワイに来れるかというと来れるんだっけ・・・?

と色々疑問が。

やばい、無駄になりそう。

しかもハワイにいる間に解約しないとすごく面倒そう。


デメリットについて考える


デメリットの説明はなかったので

デメリットを見ると

いわゆる管理費やら借りたい日に借りれないやら

契約してしまうと権利を買ってしまっているので

売ることになるが売れなかったり、安くなったりで

かなり厳しい様子。

また、世界中で使えるとのことだったが行く予定もなし

ワイキキだと数か所しかなく権利は固定

同じところは飽きるよねぇとも思いました。

行けない年は管理費を払い、宿泊延長は追加費用

お金に余裕のない人が契約するものではなかったと判断。


解約(クーリングオフ)


翌日に早速クーリングオフの連絡。

日本のよくある業者のイメージだと受け付けてくれないのでは?

と心配になったがあっさりとOK.

説明会の会場まで来てください。とのこと。

ちょっと遠くて面倒だけど

日本からくるよりは楽なのでダッシュで向かうことに。

書類関係は全て返却するように言われる。(情報漏れを防ぐためかな)

昨日とは打って変わって、見た感じ嫌そうな顔。

ずっと笑顔だった昨日と比べ愛想笑いもなし。極端やなとおもいつつ。

人間の裏表が見れた感じ。

解約のサインをして戻る。

このあたりは契約社会のアメリカだけあって

スムーズ。

カード払いした金はちゃんと戻るのか?と心配だったが

この辺も翌月ぐらいにしっかり戻ってきた。


一通り説明会に参加してみての感想


全否定するわけではないが、その日に契約するような金額の代物ではなく

金銭に余裕がない人はやめておくべくじゃないかと思う。

出来ればそういった人には売り込まないでほしい。

歩合制のようなので売り込まないと儲からないのはわかるけど。。。

よく考えると契約しない人にも100$をプレゼントしているのに

すごく儲かっている感じ。なるほど。

生活に余裕のある方には良いシステムかもしれないので

断る勇気のある方とお金に余裕があり興味がある方は行ってみてもよいのでは?

訪問販売で購入歴のある人はいかないほうがいいかも?

でもいいこともあり、コンドミニアムってこんな感じなんだと

参考に。

結局今年もハワイに行くことになり

説明会を受けた隣のコンドミニアムに行くのであまり変わらなかった(笑)

ただし1年ちょっとすぎていたので

やはり無駄になっていたかも?

100$はアウトレットで使い結果的にはお得でした。

でもかなりドキドキとさせられました。

説明会の担当の人たちのしたたかさにも

驚いてしまいます。

同じ日本人なのに~と

小心者の私には同じようなことは出来ないなと

思いつつ終了です。


スポンサーリンク
スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク