運転時の注意

スポンサーリンク






ハワイ レンタカー運転時の注意


レンタカーを借りたときにナビを借りましょう。

※ハワイではGPSと言っています。
日本語のナビを貸してくれます。
スマホでも大丈夫ですが充電や通信料金など色々問題あり。
必ずレンタカーのショップを出るときに設定したほうが良いです。
出てからだと焦ってしまいます


出来れば助手席に誰か乗ってもらいナビをお願いしたほうがよいでしょう
2日間レンタルしたのですが1日目は緊張のあまり
体中がガチガチになり異常に疲れてしまいました。
交通ルールの違いもあり風景を見る余裕もありませんでした。
基本的なところとしては
アメリカの車は左ハンドルです。当然知ってますよね(笑)
ワイパーやウインカーは逆についているので
よくある曲がろうと思ったらワイパーが動いたってことになります。
この辺の操作も出発する前に確認しておきましょう。
これも当然知っていると思いますが車両は右側通行です。
しかしながらワイキキなどは一方通行が多く気にならないことも多いです。
注意するのは駐車場から出たときです。
あれ?どっちにいったらいいんだっけ・・・?となるとがしばしば。
そんな時はナビの方に注意してもらってください。
あとは左折。
日本では左折時は曲がってすぐ手前側が進行方向となりますが
右側通行のハワイでは手前で曲がると反対車線です。
一番悩んだのが”赤信号で右折ができる”です。
右側通行のため右折時は手前の車線が進行方向になります。
日本では左折時と同じと考えてください。
ハワイでは赤信号でも右折したい車線に車がいなければ
曲がって進んでも構わないのです!
しかしどこでも曲がっていいものではありません。
交差点のどこかに”NO TURN ON RED”赤信号で曲がるな!
と標識があるのです。
なかなか見つけられませんでした。
前に車がいる場合は”あっ曲がっていいとこなんだ”と
引き続き曲がっていきました。
先頭にいる場合は標識を探し曲がっていいのかな?などど
思いつつ曲がっておりました。ドキドキします。


ハイウェイ(高速道路)も走ってみましたが
目的地まで走っているだけなので比較的楽に進めました。
ただ日本と違い降りたい場所は地名では書かれておらず
H1とかH2とアルファベットと数字で表されています。
日本でもオリンピックに向けてそのような看板をつけるような話があったかと思います。
途中の案内表示かナビで早めの確認をしておきましょう。
意外と注意しないと行けないのがスピード
日本では高速に乗ると上限を気にしますが
フリーウェイでは最高速度通常時速55マイル(時速88㎞)です。
そして最低速度規制がある場所があります。時速45マイルが設定されている所があります。
「MINIMUM SPEED 45」と表記された標識をみたら頑張ってアクセルを踏んでください。
安全運転も場所により遅すぎると逆に危険になってしまいます。
私もハワイの運転は敬遠していましたが実際運転してみると楽しかったです。
日本ではなかなか味わえない緊張感があり
色々と成長出来た気がします。
※ナビは着脱式を貸してもらいましたが見えるところにおいておくと
盗まれるらしいので毎回外してリュックに入れていました。
特に夜間の駐車時には注意しましょう。

Rentingcarz.com レンティングカーズ 海外レンタカー比較サイト

レンティングカーズが選ばれる4つの理由
1.世界のレンタカーブランドを一括検索・比較できます
2.どこよりお得な最安値をご案内します。
3.いつでも無料で変更や取り消しができます。
4.日本払い、現地払いが選べます。


スポンサーリンク
スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク