面接時の持ち物


スポンサードリンク




就職・転職・バイト面接の持ち物


履歴書と職務経歴書のコピー

持参する場合は不要ですが事前に送付する場合があります。

面接は、履歴書や職務経歴書の内容に進めることが一般的ですが

送付した場合に自分の書類がないと何を書いたのか忘れてしまうと面接で困る場合があります。

また、今後別の面接で使用する場合に備えてコピーは取っておくようにしましょう。

基本内容と面接企業に合わせた内容を別けておき面接時は実際に送付したものを持参し事前に確認するようにしましょう。

企業の掲載している募集要項と企業情報のホームページのプリントアウト、企業パンフレットなど

面接で企業情報を確認する場合があります。

企業情報はホームページなどで発信されている場合が多く完全に覚える必要はないですが

知っていればコミュニケーションがスムーズに進み好印象を得られます。

「知りません」「見ていませんでした」では印象が悪くなる場合があります。

また募集要項はよく読んでおきましょう。的の外れたことばかり質問しているともちろん採用されにくくなります。

筆記用具、スケジュール帳

ボールペンやシャープペンシル、消しゴムなどの筆記用具は必携となります。

また、採用が即決まれば出勤日や書類の提出など確認するためにスケジュール帳は必ず持参するようにしましょう。

現金・クレジットカード・SUICA等の交通系ICカード

移動の際に便利です。緊急時はタクシーの利用などを想定し現金やクレジットカードの持参も忘れないようにしましょう。

スマホ・携帯

昨今はスマホ一台で大体のことが問題解消されます。

先に述べた企業情報や履歴書の内容なども簡単に残せます。

面接に遅刻しそうな時もきちんと連絡をしておくことが大事です。

面接場所までナビアプリ等を使用し迷わずに行ける様にしましょう。

バッテリは充電を忘れないように。

腕時計

必須ではありませんが、時間をちょっと見たい時にさりげなく確認できます。

待ち時間の間スマホばかりいじっているまたはいじっているように見えるよりスマートで印象が変わる場合があります。

印鑑

簡単な面接の場合は即採用が決まるケースがあり契約まで進む場合があります。

また、交通費精算にも必要な場合があるので念のため持っていくようにしましょう。

持参するように指示されたもの

履歴書や健康診断書など、面接当日に提出するように指示されたものは絶対に忘れないように前日までに準備しておきましょう。

その他

ハンカチ、ティッシュ

折り畳み傘

服装の準備・確認

※面接する企業や職種にもよりますが清潔感があり派手すぎないようにしましょう。

重要@面接会場の確認

”勘違いして違う場所に行ってしまった”

”道に迷った”など面接によく聞くあるあるです。事前に確認しておきましょう。