楽天モバイル 新サービス”スーパーホーダイ”とは?他社格安SIMと比較してみる

スポンサーリンク




楽天モバイルの新サービス【スーパーホーダイ】

簡単に説明すると

・通信速度最大1Mbps使い放題 ※1

・国内通話5分かけ放題 ※2

当然ながら但し書きがあります。

※1 通信が混み合う時間帯(12:00~13:00、18:00~19:00)は最大300kbpsとなります。

通信速度はベストエフォート(規格上の最大速度)であり、実行速度として保証するものではありません。

通信環境や混雑状況により通信速度が変化する可能性があります。

⇒お昼休みや帰宅時間帯は通信が混雑するので速くないってことです。これは我慢。

ちなみに速度制限は一般に200Kbpsが多く、遅くなっても他社よりはやや早い。

※2「楽天でんわアプリ」を使用して発信するか、音声通話の発信時に「003768」を通話番号の先頭にお付けいただいた場合。

5分以降も30秒10円。楽天でんわ未使用時は30秒20円。

⇒「楽天でんわアプリ」を使えってことです。設定は最初だけなので我慢しましょう。

通常料金2980円~(楽天会員外)

楽天会員の場合は1年目1980円~

⇒こちらも注意。よくCMでやっている1年目は1980円と同じやつです。

2年目は1000円増えるので注意。(他社の契約も年度が増えると高くなりますよね)

さらにダイヤモンド会員は初年度-500円です。1480円となります。

プランは

プランSは2GB 1年目1980円(楽天ダイヤモンド会員はさらに500円引き) 2年目以降2980円

プランMは6GB 1年目2980円(楽天ダイヤモンド会員はさらに500円引き) 2年目以降3980円

プランLは14GB 1年目4980円(楽天ダイヤモンド会員はさらに500円引き) 2年目以降5980円

⇒プランは3種類ありますが”スーパーホーダイ”の売りはやはり

通信容量がプランの上限を超えても1Mbpsあることなので

最安のプランSを選択するべきでしょう

長期優待ボーナス

端末&SIMカードセット購入時の割引

スーパーホーダイお申し込み者限定!

スーパーホーダイお申し込み時に選択する最低利用期間の年数によって、端末代が割引になります。

3年契約で20000円割引

2年契約で10000円割引

⇒端末&SIMを新規に購入する必要があります。

MNP可。(番号引継ぎ)

なお、現在楽天モバイルで契約されている方の契約変更はその後発表されるそうです。

こんな方におすすめ

長電話はしないけど毎日”帰るコール”をする

通信制限はよくかかるが料金をあげたくない

端末を安く買いたい

楽天会員である

楽天のダイアモンド会員である

「テザリング」を使いたい

現在の契約と比較

ちなみに現在私の使っているSIMはこちら

比較対象BIGSIM(ビッグカメラの格安SIM)

基本料金 3GB 1600円 税別(1728円製込み)

月々平均2000円程度(通話料込み)

※通話5分間し放題を選択している場合 830円 1600円+830円=2430円

現在通信制限はかかることがありません。

仕事中はスマホ触れないので・・・

容量の大きなものはWIFIで行っています。

この状況であれば現行のSIMで満足であります。

しかしながら変更する利点が

通信速度制限。年内に外勤に戻る予定があり

通勤時にPCをテザリングで使いたいなと思っていました。

現行のSIMであれば通信制限がかかるのが目に見えています。

これはやはりデカいですね!

実はダイヤモンド会員であり-500円の割引も受けられ

楽天モバイルに申し込むことによりポイントがさらに1倍増えます。

悪いことが全くありません。

また、長期優待ボーナスを利用し端末も新しく買い替えたいところです。

もちろんテザリング機能があるものを選びたいです。

正式サービス開始は9/1からとなります。

また記事の更新予定です。

楽天モバイルの特集記事はこちら⇒楽天モバイルに変更しよう

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする