日本通信の“SIMロックのかかったソフトバンクiPhone”で使用できる“音声通話サービス付き”格安SIMの購入を考える。

スポンサーリンク





余っている“SIMロックのかかったソフトバンクiPhone(アイフォン)”が使用できる格安SIMカード


故障したときの予備機に置いておこう、下取りにしたくないなどの理由で使用していないiPhoneがありませんか?

DOCOMOやAUであれば専用の格安SIMカードが販売されておりSIMロックのかかったものでも使用できます。

しかしソフトバンクはSIMロック解除も出来ず格安SIMカードが使用できないものが多く存在しています。

ソフトバンクiPhone6以前の機種はSIMロックの解除に対応していません。

我が家にも使用していないiPhone6があります。

iPhoneはスマホとしては優れており他社のスマホに比べ海外対応、各種センサの充実、アクセサリも豊富とまだまだ現役として問題ありません。

日本通信より2017年8月16日(水)午前10時にSIMロックのかかったソフトバンクのiPhoneが使用できるSIMが販売となりました。

料金体制がこちら(※変更される可能性があるので必ず日本通信のサイトで再確認してください。)2017/8

ソフトバンクの場合  b-mobile S スマホ電話SIMの場合
通話定額の基本料 1,700円

※2年単位での契約(自動更新)の場合

※通話料は5分以内:無料、5分超過後:20円/30秒

全部コミで2,450円

※最低利用期間:無し

※通話料は5分以内:無料、5分超過後:10円/30秒

ウェブ使用料 300円
データ定額(1GB) 2,900円
4,900円

(5GBの場合:7,000円)

2,450円

(5GBの場合:3,850円)

現役で使用している人は安くなる。

上記の表を見ていただくとわかりますが現役でソフトバンクと契約している人には機種変更をせず通信料が安くなります。

この際の大きな差はソフトバンクのメールアドレスが消失してしまうことです。

※GMAILやYAHOOなどのメールで代用するようにしましょう。

新規に契約する場合はお得なのか?

私の使用している格安SIMカードを例に考えて見ましょう。

対象機器:iphone6 softbank (SIMロックあり)

比較対象BIGSIM(ビッグカメラの格安SIM) ※注意:SIMロックのかかったiPhoneでは使用できません。

基本料金 3GB 1600円 税別(1728円製込み)

月々平均2000円程度(通話料込み)

※通話5分間し放題を選択している場合 830円 1600円+830円=2430円

日本通信 の場合

※最低利用期間:無し

※通話料は5分以内:無料、5分超過後:10円/30秒

1GB 2450円(2646円 税込)

2GB 2800円(3024円 税込)

3GB 3150円(3402円 税込)

4GB 3500円(3780円 税込)

5GB 3850円(4158円 税込)

5分間通話し放題を優先的に考えて契約するのであればありかなと。

データ通信を優先的に考えるとお得感はありません。

サブ用に使用する場合は料金が高くなってしまい格安SIMである理由が薄れてしまいます。

こんな方におすすめ

・メインで使用しているiPhone(SIMロック解除不可)をそのまま使用し料金を下げたい人

・どうしても余っているソフトバンクのiPhoneを使用したい人

になってしまうでしょうか?

私の場合

結果、最低料金が1G2450円となることからメインで使用している料金より高くなってしまい

合わせると月4500円程度となりちょっと・・・・

残念ながら購入は見送りとさせていただきます。

最後に

選択肢が増えたことはとても良いことだと思います。

他社から同様のSIMカード販売はされないと思うのでソフトバンクのSIMロックiPhoneを使用するには

ソフトバンクか日本通信しかありません。

今まで選択肢がなかったので選択肢が出来ただけでもOKでしょうか?

個人的には期待していたほど安くなかったので残念です。