あなたは転勤OK?NG?自分で決めれるとするとどちらを選びますか

昨今転勤が無い働き方が流行って来ていますが

大手企業では全国に支店、店舗、営業所が存在します。人材不足の近年では人材確保の為に業務地域限定の働き方が増えてきています。

今まではスキルアップ、昇進、閉鎖、新規開設など様々な理由で転勤が必要とされてきました。

当社に見る同支店の長期在籍に見るメリットとデメリット

同じところに長く居るとメリットとデメリットがあります。

当社・機器の保守メンテナンスが主だった業務の1つです

メリット…同じ特定の業務に特化して仕事を行うので職人化が進み専門のプロが育ちます。

デメリット…同じ事しか出来無くなる。新しい業務や担当外の仕事を嫌がるようになる。

非常に困るのが他の営業所や会社がどのように運用されているのか全く知らず視野が狭くなってしまうことです。役職が上がるにつれて色々と業務の幅を広げないといけませんが嫌がるようになります。

ローカルルールが産まれ本来の流れとは違う運用や方法が当たり前になる場合もあります。

働く部署によっては移動した方が良い、悪いが存在します。必要有無もあります。

当社の場合自分で他地域への異動制限が可能

当社では基幹社員(転勤可能)准基幹社員(転勤不可)が事前に決める事が可能です。

基幹社員のメリット…特になし

デメリット…特になし

准基幹社員のメリット…特定地域からの異動なし

デメリット…基本給が少し下げられる(月々数千円程度) 昇進の制限あり?課長代理止まり

昨今、管理職になりたがらない人が多数存在しているので、デメリットが小さくメリットが大きいことになります。

私の場合は…

そもそも大阪から東京(埼玉)に転勤してきています。転勤を制限するメリットが感じられません。

しかし実は東京に居るとメリットがあります。やはり大口の仕事は東京に集まりやすく簡単に言うと儲かります。確実に地方より有利な場合が多いです。

支店の利益が多いとボーナスで他支店より多くもらえます。数万〜10数万の差でしょうか?

そして何より普通に働いているのに給料が下がるって納得行かないので基幹職で頑張っています。

新たな事実判明

先日、地方へ転勤となった上司に聞いたところ支店で基幹職になっているの数人だけだよ〜と。これはマズイかも…

どういう事かというと何か人材が必要な場合は基幹職の人間が飛ばされることになります。選択肢が少なく非常に不利な状況と言えます。

ちなみに基幹職、准基幹職は変更可能です。ちょっと考える時期に来ているのかもしれません。あなたはどちらを希望しますかる?

悩むなぁ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください