少年野球B面 歓喜の裏では色々な事や思いが交錯してるんです

完全に熱中症危険な状態で試合する子供より親が危ない!

※A面を見たあとにご覧ください。

1試合目、午前9時ぐらいからの試合開始

朝から既に暑いのですが時間とともにどんどん暑くなります。

子供達は大丈夫か?色々心配しながら試合を見ていると近くで救急車のサイレンがなっていました。何処かで熱中症で倒れたか?と思っているとストレッチャーを持った人達がグランド内へ…なんと相手チームのママさんが不調とのこと!一時試合を中断し搬出を待ちます。

応援で興奮し過ぎたのがことより先に大人が熱中症になってしまいました。

鍛えている子供を心配するよりまず親の方が心配な状態です。

我チームのママさんも1人ダウン、テントの下で皆にパタパタと仰いで貰っていました。完全に興奮し過ぎです。

真夏の応援はかなり体力使います。子供は意外と体力があり大人は意外と体力がありません。注意しましょう。

最近は1チームで5年生以下で試合を組む事が困難になっています。

少子化の波は田舎に直撃しています。仕事で都内の学校に行くこともあるのですが子供は沢山います。

田舎は学年一クラスが当たり前で女子だけなんて学校も。

そんな時代なので昔から続いている野球チームは団員募集が大事な仕事になります。

春先に体験会と称して募集したりしますが中々難しい、サッカーやその他スポーツと奪い合いの状態です。

そんな状態の為、合同チームなるものがエントリーされることも。今回も合同チームが1チーム、5年生ばかりで編成されたズルいぞ!と言われるチームです。

1〜2回戦は勝利して来たのですが準決勝で破れました。他のチームもアソコだけには勝ってくれ!と願いを託していました(笑)

知り合いもいるらしく皆小声で言ってます(笑)

実は影では色々あります

激闘で感動的な逆転劇で優勝した我チームですが終わってから相手チームから審判団にクレームが。A面で言っていた十秒が過ぎていたんじゃないかと、こちらも秒単位で測っているんだと抗議があったそうです。言うのなら回が始まる前に言わないとね!試合終わってからでは後の祭りです。

まぁ無駄なのはわかっていたが色々ある手前、言わないと駄目だったのかな?と。

ちなみに別のあるチームは少年野球なのに試合中に抗議ばっかり、平気で時間伸ばしとか投球フォームにクレームつけたりとかあらゆる手段を使って来るところもあります。他のチームから凄く嫌われているんですけどね(笑)

普通のチームは練習試合などで、あのフォーム直したほうがとかアドバイスをくれるのですが、そのチームは練習試合では何も言わず試合になるとぶつけて来ます。勝利至上主義なんですかね

監督と親御さん達とのせめぎ合いも

敵は外だけではありません、注意しないと内側から不満爆発し炎上なんてことも。

当然実力が物を言うレギュラー争い

子供の人数が少ない為、早くから入団している子供は比較的上手く歴も長いので当然レギュラーの良いポジション。6年生の方が体格で有利なため間違いなくレギュラーになります。

下の学年では経験が長くても身体能力が高い子供には中々勝てない、経験よりも身体能力の高い子供の方が優遇されがちです。

しかし、親たちは気に入らない。なぜあの子のほうが…いつも☓☓だとか、でも直接監督言う事は少ないようです。

エキサイトし過ぎたママは自分の子供に監督の指示とは関係ない事を大声で怒鳴りまくってみたり、興奮し過ぎてのびてしまったり(^_^;)

なまじ能力と経験がある子供だと必死になるようです。

我が家と言うと息子は特別に秀でた物もなく、野球が詳しい訳でも好きだった訳でもありませんでした。友達がやっていて面白そうって理由から始めているので追いかける立場だと思っているので腹も立ちません(笑)

努力で1つずつ積み重ねるタイプみたいで一歩一歩階段を登って行っています。まだ限界が見えていないので伸びシロはありそうです。

実は試合中、内野オーバーのヒットを打ったときに…

中古バットを売りつけてきたパパさんが、こちらを向きバットがいいから頭超えたって、凄く面白くない事を言ってきました。人生で最大の苦笑いをしてしまいました(;・∀・)

試合中でなければ大声で怒鳴るところです。

一気に気分が悪くなりました。

 

試合終了後に全員集まっての食事会。日焼けと熱中症っぽい感じだったので酒も飲めないし腹の立つことを言われても我慢出来そうに無いので出席せず、家で炭酸水を飲み1人祝勝会をしていました。ママも疲れて居るだろうからと食器洗い、洗濯、洗濯物畳みとお仕事。

ちなみにママは泥酔し私は不参加だったのに迎えに行く羽目となり皆さんと挨拶して顔を合わせる事に…若干気不味い(^_^;)ママの醜態のせいで謝りつつ退席。

1日だけでも色々な事が起きます。しかし皆さん子供と一緒に一生懸命やっている証拠です。得るものも多くあります。

最後に監督から今後の起用について

今回は女子エースが頑張ってくれたのですが、6年生になると1人では厳しいです。力もついてくるので厳しい戦いが目に見えています。もう一人も安定しないので戦力としては?が付きます。

そこで影で練習し時々監督の見えるところでピッチャーの真似事をさせアピールしてきたのが実りました。息子ともう一名がピッチャーとして練習する事になると。

問題はここからで特別速球が投げれる訳でもない息子にはひたすらコントロール重視で練習するように言っています。何処かの練習試合にでもデビューしてくれると面白いのですが。

今から楽しみです😁

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください