社会に出て働く事の大事さと必要性

新社会人の頃の心構え

季節柄、通勤中の電車で新社会人の方々が多くなりました。そういえば自分の頃はどうだっただろうか?ちょっと思い返してみます。

とにかく仕事内容がよく分からずに入社

私は工業高校卒て会社に入ったのですが、まあとにかく勉強せずに社会人になってしまいました。

とにかく就職して給料貰って生活をする!が最大目標だった為、入社した時点で目標達成。

会社もコンピュータ系の会社を選択しこれからはコンピュータの時代だ!なんて思ったりしていました。

たいした知識も無かったですがプログラマー系の仕事出来ればいいなぁ、会社入ってから教育受けてできるようになるかな?などと安易に思って現在の会社の面接へ

面接の段階で、営業、プログラマー、保守と3種類の職種がありどうしますか?と聞かれ即座にプログラマーと答えてみましたが、大阪では保守しかないよと言われ仕方なく、それで構いませんと回答。回答したものの保守ってなんだろう?と意味もわからずでした。

保守…機器のメンテナンス、修理、設置、撤去など機械に関する各種サービスの事

コンピュータの会社と言ってもパソコンとかだけを指すわけではなかった

新人の頃は本社や教育施設が東京にあり初年度で合計3ヶ月ほど教育に費やしました。

基礎から専門的な機械のメンテナンス教育を受けるのですが、見た事もない機械をバラして組み立てて動きを覚え修理する。実習だけでなく座学もあり勉強漬けの毎日でした。これはまたよく分からない世界に飛び込んでしまったなと思ったものでした。

当然勉強をしてこなかったので落ちこぼれる

とにかく講義の意味が分からず眠くてしょうがなかったです。眠くなると更に意味が理解できず…

結局なんとなく教育を受けて大阪の事務所に戻ることになりました。当時はバブル期直後ぐらいで新入社員も何十人もいる時代でした。

同じ事務所には一人しか居ませんでしたが大阪支店内では同期か何人かいました。他の同期の評判が上がっていく中、出来ない君の私は比較されその後評価が上がることもなく年数が経って行くことに。

家庭が裕福でなく後がない割には努力もせず理解も出来ず心構えや目標などは皆無でした。

無力な私が現在まで仕事を続けてこれたのはなぜか?

入社して3年は辞めずに頑張って下さい。

とにかく就職して最初に言われました。

何故3年かと言うと最初の教育で経費を使っているのにすぐに辞められては困ると言うことでした。

では、3年は頑張って仕事をしてみよう!と当初の目標は3年辞めないが目標となってしまいました(笑)

石の上にも三年と言いますが3年しても駄目な場合は転職しても良いのではないでしょうか?逆にたかだか1年やそこらで仕事の本質がわかるはずも無く、継続は力なりで続けて頑張って見てはいかがでしょうか?

私も出来ないなりに頑張って仕事をしていくうちに機械やお客様に対応する事ができるようになりました。

仕事が出来ないなりに頑張っていれば仕事も出来るようになるものです。

ちなみに3年で辞めなかった理由としては、ボーナスがそこそこ頂けた、が意外と重要なポイントでした。また、当時は残業も多く残業手当が多く頂けたので同級生よりも給料が良かった事が理由でした。

転職しても同じ額の給料を貰える所は中々なかったですね。

まとめ

とにかく社会に出て3年は頑張ってみましょう。自分は向いていないとか縛られるのが嫌だとかわがままなことは言わず頑張って見ることが大事です。

自営で仕事をするにしても違う会社に行くにしても、社会に出て頑張った事の経験は役に立つと思います。もちろん当てはまらない人も多くいると思いますが大事なことだと思います。

知り合いにも自営業をされている方が居ますが、社会人になる時にいきなり親の会社に入るのでは無く他の会社へ就職し修行されてから戻る方を見てきました。

やはり外の空気を感じて学ぶ事が大事な事だと思われているようです。

あなたの昔、今はどうですか?頑張っておられるでしょうか?

 

社会に出て働く事の大事さと必要性” に対して1件のコメントがあります。

  1. みみ より:

    3年頑張ってみる。
    これ今の若い子に聞かせたいですね。
    とにかく辞めちゃう人が多い。
    色々考えるところがあってステップアップならいいけど、安易に仕事がいやって理由で辞める人も。
    教えてもすぐ辞めちゃうから教えるのが嫌になっちゃうって言ってる人がいました。

    仕事は楽しくっていうけどなかなかそうもいかない場合も多いです。
    理不尽なことがあったり、環境が最悪だったり・・・・
    昔は結婚して子供できたら辞めるってパターンが主だったけど、今は復帰できる環境もできて素晴らしいと思います。
    わたしも今の時代だったら仕事つづけてたかなあとぼんやり考えてみました。

    1. すぽっく より:

      仕事は仕事、楽しいものではないと認識する事が大事ですね。生きていくのに困らない状況だと甘える人がいますよね
      1年位で辞める人間は会社側は雇いたくないですよ
      迷惑なだけだし。
      環境の良い会社も増えてきたみたいですが多くの人は昔ながらな感じなんでしょう。
      最近は一部上場している会社では女性の管理職の方も多く見るようになりました。でも家庭と両立は難しい感じですね。円満にとは中々いかないようです。
      結婚出産と女性が活躍するには引き続き仕事をするには、それなりの覚悟と気力が必要そうですね
      しかし人材不足の世の中、女性の方をいかに雇っていくかが企業の生き残る道でもありそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください