実は人が財産の会社なのに人が居なくなっていく

高齢化と退職者と派遣社員

我が社も小さいながらも頑張ってそこそこの規模で仕事をやっています。最近離職が多いな(定年退職含む)、人が減ってどうやって稼ぐんだろう?と疑問が出てしまうお仕事のお話を少し。

我が社の主力は40〜50代

実は私40そこそこで若手な方です、いっこうに後輩ができません。バブル崩壊直後ぐらいの入社でまだ大量雇用していた時期でした。

大量雇用し過ぎたのかその後は毎年数えるぐらいしか採用しなくなりました。

結果大量雇用された数年間のメンバーが主力に、今現在はまだ頑張れていますが段々と老眼だの何だので仕事に無理が効かなくなってきました。

定年退職者は関連会社に移籍し再雇用をして貰えるが…

一部管理職が不足しており退職し移籍後同じ役職で残っていたりします。いや、退職するの判ってたでしょ〜っと。

再雇用で残った場合、多くが事務やコールセンターに回されます。派遣雇ってやるぐらいだからコールセンターなんて誰でもできるでしょ〜と思っている貴方、大間違いですよ電話応対って結構難しいものなんです。

定年退職してからやったことの無いコールセンター業務、長く続きません。

普通に途中退職者していく人達

よく家庭の事情とかで退職していきますが、人間関係の揉め事によるところが多いようです。およそ辞めないであろう人達が辞めていきます。辞める選択肢が無い私はびっくりしてしまいます。しかし近年退職者が多くとても心配です。

派遣社員の3年問題

派遣社員を3年以上契約したい場合は無期雇用や直接雇用をしなければみたいなやつです。

しかし既に数名が再契約なしで途中退職していきました。5年も10年も働いたのに退職金もなく全く酷いものです。

正社員として雇っては駄目なのか?技術職なので適切や経験が必要となり新しい人が来てもすぐに仕事ができる訳ではありません。新入社員にしてもそうです。

今日も帰り際に中間管理職の方々が上層部の運営に問題定義をしているところでした。ちょっと遅いかな〜

社長は30代ぐらいのイケメンでそれっぽいことを言う

上場していない会社の為、一族経営となっています。そして今の社長は若手のイケメン社長。あまり見かけないがとにかく社長です。

会社や経済についてのお話はご立派!経済紙を読んでいるようです。社長、残念ながら泥臭い我が社には何だか合っていません!机上の空論ってやつですよ!

ても話す機会も無いので何を考えているかはわからない。

まとめ

段々と悲惨な状態が見えてきていますが近年全社的には黒字。とにかく目の前の仕事をこなして行くしかありません。

仕事がらIT化をお手伝いする会社ではありますがIT化が進んでも我が社は変わらず、むしろ役割が大きくなるかもしれません。

皆さんの会社や身の回りはいかがでしょうか?

 

 

 

実は人が財産の会社なのに人が居なくなっていく” に対して1件のコメントがあります。

  1. みみ より:

    ギリギリの人数で業務まわしている企業はかなり多いですよね。
    ニュースでも問題になりましたが、以前のパートの職場は退勤カードの改ざんなんて普通にやってましたから。
    上層部と現場の考え方ってまったく違う場合が多いのも事実。
    「事件は会議室で起きてるんじゃない!現場で起きてるんだ!」って言いたくなります(笑)
    それと途中でやめちゃう人も多かったです。
    連絡なくていきなり来なくなるとかも結構ありました。
    大人としてどうなの?って言いたくなっちゃいます。

  2. すぽっく より:

    流石に近年は改ざんやサービス残業はほとんどないです。逆に働き過ぎて怒られる始末、昔とはすっかり逆転しました。一応社員で入るので勝手にいなくなる人はほとんど居ません。高齢化と人数減ではちょっと辛い、永遠の若手を売りにやってる私です。(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA