Gmailのアカウントを複数持つ理由と登録方法

Gmailのアカウントを複数持つ理由

スマホのキャリアメールの代替え

まず私の場合はスマートフォンをソフトバンクからBIGSIM(格安SIM)へ変更

キャリアメールが使用できなくなり代替えのメールアドレスが必要になった。

※キャアリメール・・・。DOCOMO.CO.JPなど大手通信業者のメールアドレス

携帯のメールアドレスがないと困る!と格安SIMへ変更を躊躇されている方が多いと思いますが

Gmailで代替えはまったく問題ありません。むしろ便利です。

(Gmailアプリが必要)

通知も上がってくるのでキャリアメールと比べても遜色ありません。

セキュリティ対策と各種登録用に

色々なサイトやショップにメールアドレスを登録することがあると思います。

よくあるのが迷惑メール

キャリアメールは迷惑メールの設定が面倒だったりします。

アドレスを変更しても知り合いに通知するのも面倒です。

Gmailのアカウントを複数持っていれば個人用と分けて使用できます。

重要なメールが埋もれてしまうこともありません。

スマホの買い替えてもメールは変わらない

最近は1〜2年でスマホを買い替えるのが当たり前になっています。

スマホを買い替えてもGmailにアクセスすれば全く同じ状態で使用できます。

Gmailはスマホの機械ではなくグーグルのサーバ(データを保存する場所)へ保存され

メールを開く度にグーグルのサーバから読みだしています。

パソコンやタブレット、サブスマホでも同じメールアドレスが共有できる

キャリアメールであれば手持ちの端末でしか見れません。

しかしGmailは持っている端末で共有して見れます。

会社のパソコン(セキュリティの面で推奨できませんが)やタブレットからでも見ることができます。

※グーグルではエクセルやワードと同じようなアプリが使用できGmailと同じ要領で使用可能です。

グーグルのGmail登録方法

googleのサイトに移動します。

YAHOO等他の検索サイトを使用している方は

google、グーグルなどで検索してください。

画面右上のアカウント作成を押します

アカウント作成を押します。

アカウント作成を行います。

必要な項目を入力していきます。

上から順番に

・名前を入力してください。

任意の名前 なんでもOKです。私用で使うものは本名の方がよいと思います。

・ユーザー名を選択してください。

メールアドレスとなります。xxxxxx@gmail.com Xのところにアルファベットと数字します。

注意:6〜30文字の範囲で入力

”入力されたユーザー名は、他のユーザーが既に使用しています。”とメッセージが出る場合は

既に同じアドレスが取得されています。別の名前をお試しください。

また、ユーザー名ではピリオドと大文字は無視されます。

名前+誕生日は取得済みが多くなっているので取得が難しいです。

・パスワードを作成してください。

当然誕生日や他のパスワードの使いまわしは避けましょう。

忘れずにメモを取っておきましょう。

推測されない半角英字、数字、ピリオドを使用し作成しましょう。

・生年月日、性別と入力していきます。

・携帯電話番号は入力しなくてもすすめます。

※ただしパスワード忘れたとき用に設定が必要となる場合があります。

・現在のメールアドレス

Gmail以外のアドレスが必要です。

YAHOOや他のフリーメールアドレスの登録がおすすめです。

不正アクセスの通知などが来るので現在使用している他のアドレスを記載しておきましょう。

入力が終わったら“次のステップ”へ

 

プライバシーと利用規約が表示されます。

下矢印を押すか画面をスクロールさせます。

本文を一読し問題なければ“同意する”を押してください。

登録終了です。”Gmailに移動”を押してGmailの画面へ移動してください。

メイン画面が表示されます。

これで登録は完了です。

画面右上をクリックすると登録名とメールアドレスが表示されます。

こちらのメールアドレスを使用していきましょう。

Gmailを2つ以上作っておくと便利です。

メインで使用する用とネットで買い物などする時用など。

まとめ

使い始めて2年以上経ちますが色々な機能との連携もあり段々と便利に使える様になって来ました。

セキュリティ対策としてブログのコメント登録やメーリングリスト登録など問題が起きれば破棄出来る様な利用をオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください