仮想通貨では誰が損をしているのか?

スポンサードリンク




必ず儲かる人がいれば損をする人がいる

最近の仮想通貨報道を見て感じるのは勝ち組の報道はよく見ますが負け組の報道はあまり見ない。誰かが損をしている筈、またはこれから損をするのか?

ネットニュースだと韓国あたりでは大変な事になっていると記事が出ていましたが日本ではどうなんでしょうか?

一時ツイッターでは急激に損をした人で溢れましたが沈静化した感じです。

今朝も朝の番組で主婦が仮想通貨を始めたと

最初は5000円から始めて儲かったから80000円追加購入、一時43万位まで上がったが今はちょっと下がっているので上がるのを待っていると言っていました。

これを見た人は、え!そんなに儲かるんだ!私もやってみようと始めてしまう人がいるかも知れませんが、個人的にはオススメしません。

1ヶ月真面目に働いた方が確実に儲かります。何なら1年間頑張ればハワイだっていけちゃいます。

報道は全てを伝えるべき

当然儲かっている人がいれば損をした人もいます。そして収入になれば雑所得とされある程度を超えると税金もかかります。

多分参入が増えれば増えるほど儲かるのが先行して始めている方々と取引手数料を取っている会社。

先日のコインチェックの問題で取引手数料の儲けた額が想像を超えていて数百億の損失を払う事が出来る(実際は怪しいが)と報道が。それだけ儲かっていて、仮想通貨で億万長者が多数生まれていると言うことはそのお金は何処から?となります。

そもそもは海外送金を安く行う為のものでは無かったのでしょうか?

仮想通貨がテレビで報道され始めた頃は外国人労働者の人が海外に送金する為に、手数料等が安い仮想通貨を使って行っていると言っていたと思いますが、現在は単に投資対象ですね

胴元がいていつも勝てる人と負ける人がいるギャンブルでは無いかなと思っています。

ちなみに私は参戦はしません。ギャンブルは熱くなる質なので向いていませんし向き合っている時間もありません。確実に負け組になります。

ギャンブルを誘う人は勝つ自信があり負ける人を誘う事が多いです。仮想通貨を始めろと誘う人は、勝ち組となり誘われた人は負け組になる可能性が高いと思われます。

まとめ

それでも始める人、始めている人がいれば無理せず儲かっている時点でやめるように心掛けてください。いつか上がるだろうは危険な賭けです。

全て無くなっても生活に影響しない範囲で行いましょう。お金を借りるなんて事は間違ってもしないように。

仮想通貨に関わらず必ず儲かるものはありません。甘い誘いには要注意ですよ

スポンサードリンク




フォローする