猫のいる生活

スポンサードリンク




正直犬派なんですが猫と生活してます

元々犬派なので中型犬で外で反るタイプを飼いたかったのですが、何故か猫を飼うことに。

そんな私と家族と猫のお話です。

猫の話と言いつつまずは犬の話から

子供の頃からシェットランドシープドック、ミニコリーとも言われている犬を買っていました。母の友達が犬屋さんをしていて年老いたメスでした。

長年買っていましたが病気で亡くなりました。子供心にとても悲しかったきおくがあります。

そしてしばらくして孫にあたるオスを頂き飼っていました。こちらも長い間飼っていましたが、やはり病気である朝亡くなっていました。私もそこそこ大きくなっていましたがやはりとても悲しかったです。

犬=友達、兄弟みたいな感覚で飼っていました。ちなみにお座敷犬はあまり好きではありません。どちらかというとがアメリカのドラマでよく見る大型犬を室内で飼う方が好み、でも大型犬を室内で飼うことは難しいので断念しています。

やっと猫のお話

病院でノミ、ダニの薬と虫下しを初めて1ヶ月程経過。再度病院に行き室内で人と一緒に生活して良い許可を頂きました。

猫も子供と一緒で寒いのに遊び回っているせいか風邪を引いているもよう。鼻水とクシャミをしていたそうです。

丁度よくそのまま室内へ。猫ってシツケが出来るのか謎ですが食卓へ登って来るので都度怒ります。食べると毒になるもの多いですからね、行儀も悪いし。

我が家にはコタツがあり付けているとコタツの中へ、エアコンを付けているとこたつの上で丸くなっています。猫はコタツで丸くなるんです!童謡で歌われていることは本当でした。(笑)

部屋はあまり片付いている方ではないので色々な隙間やカーテンの裏に隠れます。呼んでも来ないので発見できません😑

と言う事で首輪を。なんでも揃う100均で買ってきたものです。鈴が付いているので動くとなりますが、ハッとこだ!とやはり探し回る始末です😅

昨日は風邪のせいかコタツで嘔吐とオシッコのダブル攻撃。幸い子供のインフルエンザで休んでいたママがコインランドリーでコタツ布団セットと絨毯を洗いに。結局夜までに乾かなかったのでコタツ無しで過ごす事になってしまいました。寒いので早々に寝てしまいましたが。

まとめ

今のところまだ慣れません。猫は考えて動くのではなく習性としてきれい好きで人に甘えて来るようです。

まあ、かわいいので自分をよくわかっているのだなと思います。

今後も追ってご報告したいと思います。

スポンサードリンク




フォローする