バンジージャンプを体験した話

あなたはバンジージャンプをした事がありますか?

世界の果てまでイッテQ!を見ていたらガンバレルーヤがバンジージャンプをやっていました。面白いなぁと笑いながら見ていたのですが、そういえば昔バンジージャンプやったなぁと思い出しました。そんなハートフルな思い出のお話です。

バンジージャンプって?

最近はバラエティー番組の罰ゲームの定番となっていますが、元々は何処かの部族の成人式の儀式です。

何処かのテレビ番組で見た時にビックリしました、普通の紐に足をくくり砂山を作った所にジャンプして飛ぶというもの。テレビで見たやつは確実に頭が砂山に突っ込んでましたね、正確に測ってないからとても怖いです。時々足の脱臼や大怪我をするらしかったです。

そんな儀式が時を経てアトラクションに変身、いくつもの施設が作られました。

琵琶湖タワーの遊園地

今では無くなってしまいましたが、その昔琵琶湖周辺にも遊園地がありました。それが琵琶湖タワー。

昔ながらの遊園地でしたが、そこにバンジージャンプが出来た!と話題に。しかしながら特に跳んで見たいとも思わなかったのでスルーしてました。

結構暇を持て余していた時代、友達と話していたらバンジージャンプの話に。話の流れは忘れましたが私が跳びに行くことに。

本当にバンジージャンプをやりに行く

当日絵に書いたような曇天(笑)なんならちょっと雨がポツポツ降る感じです。約2時間ほど掛けて琵琶湖タワーへやってきました。

はっきり言ってバンジージャンプの話題のピークが過ぎていると言うか廃れ始めていた時期です。

到着し他に目的が無いのでいきなりバンジージャンプへ、もちろん誰も並んでません(笑)あいにくの天気の為か他のお客さんもまばらです。

チケットを購入し受付へ一通りの説明を受けます。普通のバンジージャンプと少し違ったのは円柱の抱きまくらみたいなものがありそれにしがみついたまま跳ぶと言う事です。

準備オッケー!階段を一段ずつ登って行きます。だんだん緊張してきました!とうとう最上階へ!

下を覗いてみます、20メートル以上あったでしょうか?ただただ怖いだけです。係のお姉さんに誘導され飛び込み台へ…はっきり言って盛り上がり感ゼロです。見物人は友達一人と係のお姉さん位…あまり怖い!とか叫んでみる雰囲気ではありません(笑)

1.2.バンジーの掛け声で飛び降りて下さいと言われます。もう後戻りはできません。準備いいですか?と言われ、はいっと返答すると時間を置かずに、それでは行きます、1.2.バンジーと言われためらう時間もなく意を決して跳びます!

実は怖いのは自分で跳ぶと思って跳ぶ事です。跳んでしまえばさほど怖くありません。跳ぶ行為と自分の意思で跳ぶ事が怖いのです。実際跳んだ後は結構気持ちいいもので想像よりは楽しかったです。ちなみに抱きまくらみたいな物を抱えたままでと言われていたので、抱えたままでいると逆さまの状態になるのですが、手を離して下さい〜と言われやっと正常状態に。離さない様に言われていたので、逆さまになっても離さないと注意(笑)

そんなこんなでバンジージャンプ初体験の話でした。

まとめ

本当はもうちょっと、怖い〜とかリアクションを楽しみたかったのですが誰もいないしちょっと残念な感じでした。

しかし、自分で決断し自分で飛び降りるって中々の経験でした。文字通り1歩踏み出してみる勇気は何とかの勇気より強いのではないでしょうか?

機会があれば一度チャレンジしてみる事をオススメします。あなたもいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA