ハワイのカカアコの日本人暴行事件で医療費5~600万も!?

スポンサーリンク





同様の暴行事件でも楽天プレミアムカード付帯の海外旅行傷害保険が適応されるか問い合わせて見ました

メールで楽天に問い合わせその回答がこちら

◆  回答内容
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
日頃より楽天プレミアムカードをご愛顧賜り、誠にありがとうございます。

楽天プレミアムカード会員様につきましては、
海外旅行傷害保険が自動付帯となっております。

なお、保険の適用条件や請求の詳細につきましては、
下記楽天プレミアムカード・三井住友海上保険デスクへ
お問い合わせください。

お手数をおかけいたしますが、何とぞよろしくお願い申し上げます。

○●お問い合わせ先●○-------------------

◆楽天プレミアムカード・三井住友海上保険デスク◆
フリーダイヤル 0120-711-818(24時間年中無休)
※一部ご利用いただけない場合は、下記番号をご利用ください。
電話番号 018-888-9871
海外からのご相談は、81(国番号)-18-888-9871
※コレクトコール可

ご連絡の際は、カードをお手元にご用意ください。

------------------------------
+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+

全くもって残念過ぎる回答・・・え!?メールじゃ回答してくれないんだ!

後日改めて天プレミアムカード・三井住友海上保険デスクへ連絡

その回答は・・・・

事故だけでなく犯罪に巻き込まれた時でも保険は300万まで適応されます。と回答をいただきました。

ざっくりとした補償内容はこちら

保険の種類 保険金額

・楽天カード[Ⅰ]・・・楽天カード、PINK、アカデミー、ゴールド、マイレージ、銀行の各種カード

・楽天プレミアムカード

傷害死亡・後遺障害 最高額

楽天カード[Ⅰ] 2,000万円 楽天プレミアムカード5,000万円

※今回の暴行事件で対象の項目はこちら
傷害治療費用 1事故の限度額

楽天カード[Ⅰ] 200万円 楽天プレミアムカード300万円

疾病治療費用 1疾病の限度額

楽天カード[Ⅰ] 200万円 楽天プレミアムカード300万円

賠償責任(免責なし) 1事故の限度額

楽天カード[Ⅰ] 2,000万円 楽天プレミアムカード3,000万円

救援者費用 年間限度額

楽天カード[Ⅰ] 200万円 楽天プレミアムカード200万円

携行品損害(免責金額3,000円) 年間限度額

楽天カード[Ⅰ] 20万円 楽天プレミアムカード50万円

楽天カード保険の詳細はこちら▶楽天カード海外旅行傷害保険

▶保険ガイドのダウンロード

※印刷して持参することをお勧めします。

カード詳細はこちら▶楽天プレミアムカード

カード詳細はこちら▶楽天カード

被害者の方の怪我の程度は・・・

被害者の方は救急車で緊急搬送、応急処置や検査を行い

約10日間程の入院になりそうと診断 かなりの重賞だったようです。

旦那さん状態:
頬骨陥没
頭部裂傷
歯茎から歯を折られる
頭部の骨にヒビ、髄液が流出
顔面に重度の打撲

奥様の状態:
唇裂傷
首、顔面の打撲

単純な怪我や病気であっても数十万かかるようです。

骨折等の重賞になると2~300万かかる場合も多いようです。

特に高齢者の方に多いようなので保険はとても重要になりますね。

セゾン・ブルー(標準)アメリカンエクスプレスカードの付帯保険では?

海外旅行では持っているだけで付帯保険が適応されるセゾンアメックス

セゾンアメックス付帯の海外旅行保険ですがこちらも傷害で300万円出ることになっていますが・・・

旅行傷害保険金をお支払いできない主な場合

険金・手術・国内の入院、海外での傷害治療費用、後遺障害・海外および国内での傷害死亡

心神喪失、疾病、脳疾患 ●酒気帯び運転、無資格運転 ●犯罪、自殺、けんか ●重過失、故意・・・

なんと犯罪では適応されないようです。ご注意を!

詳細はこちら▶セゾンアメリカネキスプレスカード付帯保険の案内

※印刷して持参することをお勧めします。

最後に

補償額300万・・・・足りるような足りないような微妙な金額ですね

過去3回は付帯保険だけで行っていましたが犯罪も多い昨今、別に海外旅行保険も入った方がいいのかな?ちょっと考えさせられます。

関連記事一覧

・ハワイへ持っていくクレジットカードのおすすめ

RakutenTravelデスクをご紹介

海外旅行保険 子供だけ入れたい2017

ハワイでの交通手段 トロリー


スポンサーリンク
スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク




コメント

  1. yyaloha より:

    こんにちは。。
    海外に行く場合、いつも、旅行保険にいますが、カードの保険については、考えていなかったです。

    旅行先によって、医療費は変化するようです。特に米国は高いので、保険に入った方が、万が一の時、たすかるでしょう。医療費の総額の内訳がどのようになっているのかわかりませんが、救急車代も有料みたいです。それも、結構高そうです。

     ほかのブログで、複数のクレジットカードで何とかならないかという記事を読みましたが、手続きが大変そうで、費用的にも、足りない場合が、出てきそうです。

     アラモアナの事件の前に、カハラの駐車場で、車にはねられた日本人は1000万円を超えていたという事です。

    最近旅行保険も安くなっているので、カードに頼るよりか、費用的に安く、手続き的に安心かも。

    • すぽっく より:

      コメントありがとうございます。
      カード保険はたいしたことないだろうと気にしていなかったのですが
      プラチナカードに入った際に保険も付いてるんだから節約で入らなくていいや!と
      でも子供は何があるかわからないので別途保険に加入しています。
      犯罪に合わないように色々と注意していますが最近はワイキキでも事件は起こるようなので
      家族で加入できるものも検討しようかと思っています。
      1000万の補償があれば足りそうですが保険料が高すぎるようであれば我慢して帰国・・(笑)
      複数のカードを使用する場合は適応条件を確認しないと対象とならない可能性もあるので面倒ですね
      次に行くまでに家族保険を調べてみたいと思います。
      いやぁしかし高い医療費だ