ハワイでの交通手段 トロリー

スポンサーリンク






ハワイでの交通手段の種類


通常ツアーで行くと旅行会社のトロリーかバスを使用して移動しています。

主要な観光地は大体行けますよね。

他にもオプショナルツアーでカイルアに行ったり

アウトレットに行ったりしています。

しかし個人手配で行くと自分で移動手段を探さないとなりません。

基本的な移動手段

  • トロリー
  • タクシー
  • ザ・バス
  • レンタカー


・ワイキキトロリー


一番ポピュラーな移動手段をご紹介。

基本情報

(2017/4情報 各種情報は旅行前に確認してください)

ワイキキトロリーは5ライン、43の停留所に停車します。

2歳以下は無料

代表的に料金例:

1日1ライン+ピンクライン乗り放題

大人$25(ネット購入:$23)

子供$15(ネット購入:$13)

大人2人だと$50

子供2人だと$30

110円換算だと5500円+3300円

=約8800円になります。

家族だと結構な出費になります。

7日間5ライン乗り放題だと

$70+$45

=$230

日本円で約25300円

この金額を出すかどうか正直迷っちゃいますよね~

長期間はちょっと厳しいですが

ピンクラインだけであれば裏技があります。

実はJCBカードを持っていると無料で乗れます。

1枚につい大人1枚と子供2名まで乗れます。

2枚持っていれば大体の家族分は賄えます。

(子供の定義:11歳以下)

昨年はレンタカー2日借り、

あとはピンクラインで移動しました。

ワイキキを周遊しており

アラモアナショッピングセンターとホテル間が

主な移動先となりますが

ホテルの立地によっては

結構な移動距離を稼げます。

※アラモアナショッピングセンターの乗り場

今年はワイキキビーチウォーク側に宿泊するので

ワイキキ動物園や水族館に行く場合は

結構便利です。

注意:ワイキキ付近は一方通行なので

行きたい場所によっては

かなり移動することになります。

トロリーには

必ずパンフレットが置いてあるので

一部貰うようにしましょう。

もちろんハワイに行く前に

事前調査しておくことをお勧めします。

※トロリー渋滞(笑)

路線図の確認はこちら⇒ ワイキキトロリー路線図

チケットの現地購入は最近までは

ロイヤルハワイアンセンターにありましたが

どうやら閉店してしまったようです。

現在はTギャラリア DFS(免税店)内の1Fに

チケットカウンターがあります。

営業時間 月 – 土:8:00am – 9:00pm

日:8:00am – 8:00pm

住所:330 Royal Hawaiian Avenue, Honolulu, HI 96815
電話:808 931 2700

購入する場合はネット予約がおすすめです。

色々な移動手段と合わせて便利な使い方を検討してみましょう。

我が家のお勧めはレンタカー&ピンクトロリーとなっています。

場所によってはタクシー移動もありかなと思っています。

チャーリーズタクシーは日本語用電話番号が存在しているのでお勧めです。

携帯電話の準備を忘れずに⇒ アメリカ放題

関連記事

ハワイでのレンタカー選び2017

レンタカーを借りる

ホノルルオートレンタルを利用してみた2017


スポンサーリンク
スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク