ハワイでのチップについて

スポンサーリンク





ハワイも当然チップの文化です

初めてのハワイではチップすらよく分からなかったですがガイドブックを見たりテレビからの情報でハワイもアメリカなんだ、レストランやホテルでばチップが必要なんだ!と学びました。

チップが必要な店と不要なお店

まず物品の販売店では基本不要です。

食べ物屋さんは必要なお店と不要なお店に別れます。

基本的にファストフード店(マクドナルドなど)カウンターで受け渡すような店では不要です。店頭支払いで買うものは基本不要となります。しかしよく見ると募金箱みたいなチップの箱が置いてあります。小銭が余ったり店員さんが対応良ければチップとして入れておきましょう。

レストランのような個別に担当の店員さんが付いてくれる店はチップが必要となります。だいたい料金の10〜20%ぐらいが目安です。

ちょっと良い店に行くと店員さんが凄く優しかったりします。じゃ20%でとなると1万円食べるとプラス2000円払う事になります、2万円だと4000円に。必然的にサービスの質も上がりますね

逆にファストフード店ではチップがあまり貰えないせいか対応が悪い場合があります。某ハワイのナンバーワンハンバーガーチェーンでボールペンをカウンターでカチカチさせながらイライラしている店員さんとかいました。なおさらチップなんて貰えませんよね

お店以外で必要になるチップ

まずはホテルのベッドメイキングなどのピローチップ。最近では不要で置かなくてもいいよなんて話もありますが何日も宿泊する為チップを置いておく方が安心しますね 私は大体2ドルぐらいを目安にしています

ちなみに細かい札がなかったり単に忘れて置かない場合もありますが、特に手を抜かれた事はありません。そんな場合は翌日に2日分置いておきます。メモで昨日は忘れてました2日分だよと置いておくとスマートですね(すいません、英語表記載せれません)

タクシーでチップ

こちらも料金とは別に10%程度払います。ただし最近では日本からやツアーデスクから予約した場合チップ込みの料金で不要な場合もあります。注意しておきましょう。また、スーツケース1つに付き1ドルのチップが一般的なようです。

駐車場でチップ(バレー、バレットパーキング)

特にホテルなどで車を入り口で受け取って駐車場に停めてくれるサービスでチップが必要になります。こちらも数ドルですか。何となく馴れないので利用するのを避けてしまいますが、ちょっと偉くなった?気分にさせてくれるかもしれません(笑)

チップもあげないのに優しい販売店の店員さん達

某靴屋さんに行ったのですが、店員さんが次々に靴を出してきました、こちらも出しましょうか?と、どんどん持ってきます。ほぼ確実に歩合があるのでしょう。優しい中にもグイグイ感が凄いです。

ちなみにこのグイグイ感は苦手です。

最近ではチップがないお店も

最近ではチップの文化もいかがなものか?となって来ているようでチップは不要になってきているところもあるそうです。明記されている所は渡さなくても失礼に当たらないので大丈夫ですね

カード払いの時のチップは?

レシートにチップ欄が有り金額を書きます。最近では最初からチップの料率が10%,15%,20%と記載されていてチェックするだけで支払われます。担当してくれた店員さんの評価になりますね、明記されると普通で15%…何かハードル上がってる気がします(笑)

最後に

実は日本人の文化にチップ制度はむいているのかも?と思います。

よくブログやツイッターで悪く書いてあったり逆に褒めていたり。実はこれでは相手に伝わりません。

目に見える形で良い悪いを伝える、もしかしたら今の日本人に必要かなと。

サービス受けてるんだからチップは当たり前だよ、みたいな事は言いませんが、郷に入れば郷に従えということわざの様に相手の文化を尊重して合わせることが必要です。

馴れると気にならなくなりますよ、でも支払う金額が割高になるので幾ら使ったかは確認しておきましょう。


スポンサーリンク
スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク